Sugary Sugar's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS モンゴルの草原へ-第3日目-乗馬とウギー湖

<<   作成日時 : 2016/08/11 14:07   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲルの朝です
画像

朝食はまずまず、ロシア風?
画像

今回乗馬をする予定はありません、モンゴルの医療事情はあまりよくないので何かあったら心配だったからです。
でもまあ・・とりあえず見に行くことに
訪れたのは草原の中の一軒家のご一家、小さなおうちですが中に招き入れて下さいました。リビング兼寝室と台所です。リビングには育てた馬が賞を取ったメダルが飾ってありました。
画像
画像

モンゴルのお茶とパンを出して下さいました。朝食は食べていましたがもう一度いただきます。
モンゴルのお茶は中国のお茶に水と塩と山羊の乳を入れて煮たものです。この後も何度か飲みましたがこの時のものが一番おいしかったです。朝絞りたての乳でした。
画像

娘とおそるおそる馬に乗ります。
画像

何より馬飼のご主人が素敵でしたのでお願いして一緒に写真を撮ってもらいました。
画像

突厥の時代の遺跡のそばにトルコと共同で建てられているホショーツァイダム博物館があります。
モンゴル帝国以前の時代も深い!面白かったです。
そして草原を走ってモンゴルで2番目の大きさの湖ウギー湖に向かいます。草原の道路を羊や牛や山羊や馬が通ります。何という光景!
画像

画像
画像
画像

ハラホリンの北、約70kmのところにあるウギー湖です。ここで昼食です。
画像

一面の花畑にはもう時期が過ぎていましたが、そこかしこに小さな花が咲いていました。
画像
画像
画像

昼食です、定番のロシアの紅茶
画像

日本の家庭で食べるマヨネーズ味のサラダ
画像

何故か海苔が入った野菜スープ、海苔はミスマッチだったけどおいしかったです。
画像

お魚はこの湖でとれたとのことですが、臭みがなくておいしかったです。
画像

定番のロシアのお菓子
画像

コーヒーは可愛い容器に入っていました、インスタント。
画像

後は一路ウランバートルへ
画像

午後4時頃ガイドさんが「おやつを食べませんか」と言われます。おなか全然すいてないけど、こちらの人は男性も女性もよく食べます。モンゴル料理と言うことなので賛成し、道そばのお店に入りました。

トイレは店の外で・・・
画像
画像

お店に入って待っていてもハエがブンブンしていて目の前をいつも手で払わなくてはいけません。トイレを思い出すと若干不安になります。

そう言えば昨日もガイドさんに馬乳と馬乳酒の試飲を途中のゲルで勧められました。大きな壺の周りにはハエがブンブンいてそこからコップにすくって勧められましたが、メチャクチャ酸っぱいのとハエのことが気になって一口しか飲めませんでしたが、ガイドさんはその残りをゴクゴク飲んで「ああおいしかった!」と言われていました。

壁に掛けられたテレビでは日本の相撲の特集をやっていました。
画像

定番のミルクティ「スーティ・ツァイ」
画像

そして「おやつ」の「ホーショール」
中には羊肉のミンチが入っていて熱々でおいしかったです。お肉の臭みがほとんどなかったのは田舎の方が新鮮だからだったのかもしれません。
画像

ようやくホテルに戻ってホテルのモンゴリアンレストランで夕食にしました。ビールは昨日とは違うモンゴルのメーカー、これもおいしかったです。
画像

そしてこれまでと同様にサラダ、スープ、お肉のコースにしてみましたら・・・
画像

前菜の後で大量のサラダ
画像

水餃子風で中に臭みのある羊肉がたっぷり入った日本で言えばどんぶりサイズの器に入ったミルクティ味スープ、この段階でもう無理!だいたい「おやつ」がまだおなかに残っているし・・
画像

最後の牛肉はレバーだった、臭みは少ないけど・・・
画像

そしてお風呂にゆっくり浸かって疲れをとって就寝です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モンゴルの草原へ-第3日目-乗馬とウギー湖 Sugary Sugar's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる