Sugary Sugar's Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 壱岐旅行3日目(5月6日)ー歴史探訪編ー

<<   作成日時 : 2017/05/07 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜雨が降ったようですが、目覚めると良いお天気になっています。
最後の朝食、相変らずおいしい
画像

朝一番は古墳巡りです。まずは掛木古墳。以降同じく巨石が用いられていて、内部の石室までみることができました。
画像
画像
画像
画像

「生池」は本池があって河童がここで人を生け捕りにしていたと言う伝説があります。今は池はないけれど窪地になっていて雨の後でもありなんとも不気味な感じのするところ、人っ子一人いない道を恐る恐る移動しました。
けれど実際にはマイナスイオンいっぱいなのだと思いますし、今回どこに行っても静かでウグイスがこれでもかと言うように自己主張していておかしかったです。
画像
画像
画像

有名な亀の形をした馬具(?)が出土した笹塚古墳
画像
画像

今回最も大きい鬼の窟古墳、掛木古墳もでしたが駐車場直結状態です。
画像

画像
画像

この近くに九州最大の円墳である「兵瀬古墳」に行くつもりが・・ネットからダウンロードした「古墳群散策マップ」に歩きましたが・・こんな道なき道の先に国史跡があるはずもないのにそれでもしばらく進みました、どう考えてもおかしいとグーグルマップをみるとそこには何もなかった・・
画像


娘が是非にと希望した「兵主神社」変わった神様なのだとか
画像

本来の壱岐国一宮とされる興神社
画像
画像

今回初めてのお寺です、安国寺
画像


壱岐の勉強には必須と訪れた一支国博物館
画像

「良かったら説明しましょうか?」と館員の方にお声かけ頂いたのでお願いしました。ガイドブックや司馬遼太郎の「街道を行く」の知識は勉強して出かけましたが、説明して頂いたのでとってもよく理解できました。
何より驚いたのが「街道を行く」に出てきた「親切な役場の青年」が何とこの博物館の館長さんであったことでした。
博物館の展望室からみた原の辻の光景は弥生時代を彷彿とさせて素敵でした。
当時も米と麦の二毛作だったのでしょうか、麦が黄金色に実っていました。
画像
画像


干潮の時間帯だけ渡ることのできる小島神社
画像

鳥居は正面だけど参道は裏側に回ります
画像
画像
画像

壱岐牛を食べる時間がなくてあきらめていましたが、最後の最後に郷ノ浦港で食べることができました
画像

満員のジェットフォイルで博多港へ、博多駅でようやく一息
画像

普通席の予約が取れず仕方なくサクラの「グリーン席」に乗りました。もともと九州新幹線の普通席はゆったりなのでグリーン席の意味はあまりないなあ・・
画像

明後日からはまたお仕事です、娘も勤務地に戻ります、疲れたけど久々に楽しい時間でした。壱岐は風光明媚、歴史もあって食べ物もおいしい素敵なところでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
壱岐旅行3日目(5月6日)ー歴史探訪編ー Sugary Sugar's Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる